特定非営利活動法人
鶴舞骨軟部腫瘍研究会




切除不能あるいは遠隔転移を有す軟部肉腫を対象とした pazopanib の第II相臨床試験について

 おかげさまで、臨床試験は終了し、結果を報告することができました。
 ・Phase II trial of pazopanib in patients with metastatic or unresectable chemoresistant sarcomas: A Japanese Musculoskeletal Oncology Group study.
 Urakawa H, Kawai A, Goto T, Hiraga H, Ozaki T, Tsuchiya H, Nakayama R, Naka N, Matsumoto Y, Kobayashi E, Okuma T, Kunisada T, Ando M, Ueda T, Nishida Y.
 Cancer Sci. 2020 Jun 24. doi: 10.1111/cas.14542.

 ・Phase II clinical trial of pazopanib for patients with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumors.
 Nishida Y, Urakawa H, Nakayama R, Kobayashi E, Ozaki T, Ae K, Matsumoto Y, Tsuchiya H, Goto T, Hiraga H, Naka N, Takahashi S, Ando Y, Ando M, Kuwatsuka Y, Hamada S, Ueda T, Kawai A.
 Int J Cancer. 2020 Jul 7. doi: 10.1002/ijc.33201.

骨腫瘍切除後欠損部に対するアフィノス移植後の臨床成績

 骨腫瘍を切除した後の欠損部に、新しい人工骨であるアフィノスを充填する臨床試験を多施設で実施しています。登録は終了し、今後結果を報告する予定です。

タイ整形外科学会との交流

 タイでThe 41th Annual Meeting of the RCOST 2019が開催されました。タイ最大の整形外科学会で、今回は日本から多くの整形外科医がゲストとして招待されました。骨軟部腫瘍に関してはタイ最大の施設であるバンコクのマヒドン大学シリラート病院を見学し、意見交流、かつ名古屋大学整形外科への短期留学について話し合われました。